メイド イン ジャパン
いつでも 清潔・安心

ピフェクトシリーズは、生活空間を快適にします

ピフェクト感染対策シリーズとは

株式会社富士通研究所と東京大学先端科学技術研究センターが共同で開発した、光触媒「チタンアパタイト」(光触媒チタンアパタイト「PHOTOHAP」®<特許第3928596号他>)を利用した、抗菌・抗ウィルス素材の商品です。優れた抗菌・抗ウィルス機能がありますので、感染予防対策アイテムとしてぜひご利用ください。

光触媒とは

化学反応を速くしたり遅くしたりする働きをするものを「触媒」と言います。この働きが光エネルギーを吸収したときだけに起こるものを「光触媒」と言い、紫外線を浴びると、その光エネルギーに反応して、空気中に浮遊する菌やウィルス・臭い・汚れなどの有機物を水と二酸化炭素に分解する働きをします。 光エネルギーを利用して環境を浄化することができ、空気清浄機やエアコンのフィルターなどにも利用されています。

光触媒が汚れなどを分解する仕組み

①通常、光触媒材料の上には空気中の水分が薄い膜となっています。
②汚れや菌は常に降ってきて、光触媒材料の上に付着します。
③光触媒材料に吸収された紫外線の光エネルギーによって、光触媒材料の表面の水(H2O)はHとOHに分解されます。
④OHは汚れや菌を攻撃し、攻撃された汚れや菌は、水(H2O)と二酸化炭素(CO2)に変化し始めます。
⑤最終的に、水と二酸化炭素は蒸発して光触媒材料の表面からなくなります。

従来の光触媒(酸化チタン)とピフェクト生地の光触媒(チタンアパタイト)の違い

酸化チタンの特徴 チタンアパタイトの特徴


ない ある


必要 必要ない



・酸化チタンに接触している菌や汚れしか分解できない。
・吸着層には分解能力がないため、たくさんの菌や汚れを吸着してしまうと、吸着しなくなって使えなくなる。
・吸着した菌や汚れは全て分解する。分解能力は酸化チタンの2倍ある。(インフルエンザウィルス・大腸菌・クロカワカビ・黄色ブドウ球菌とその産出する毒素エンテロトキシンに対して、99.99%の分解力があることを確認)
・吸着した菌や汚れを全て分解するため、ずっと使える。紫外線がないと分解しないが、吸着能力は常にあるため、ウィルスを吸着・不活性化し、その後、紫外線が当たるとウィルスの死骸を分解する。


「チタンアパタイト」は、人間の歯や骨に含まれる「カルシウムヒドロキシアパタイト〔Ca10(PO46(OH)2〕」を主成分とする光触媒材料です。「カルシウムヒドロキシアパタイト」のカルシウムの一つがチタンに置き換わることで「チタンアパタイト〔Ti1Ca9(PO46(OH)2〕」になります。チタンが加わることで、「カルシウムヒドロキシアパタイト」のもつ“物を吸着する性質”に、“紫外線が当たると菌や有機物を分解する力”が加わり、吸着力を持った光触媒となっています。


参考
・富士通研究所 やさしい技術講座 “光触媒技術” 2009年(参照2021-3-31)
 https://www.fujitsu.com/jp/group/labs/resources/tech/techguide/list/catalyst/index.html
・富士通株式会社 “吸着力に優れた光触媒 チタンアパタイト” (参照2021-3-31)
 https://www.fujitsu.com/downloads/JP/archive/imgjp/jip/category1/seeds101.pdf

主要性能試験結果

ピフェクトシール

シールの表面に「チタンアパタイト」と「銀イオン」を加工しています。菌・ウィルス・臭い・汚れ・花粉アレルゲンなどの有害物質を、従来よりも格段に高い吸着力でとらえて不活化し、その後、光触媒の機能で分解します。

◆強粘着タイプ 
◆再剥離タイプ 

ピフェクト感染対策シリーズ 今後の販売予定

マスク(新モデル)・手袋・ハンカチ・防護服・スリッパ・スリッパ収納BOX

マンガでわかるピフェクト感染対策シリーズ